information

お問い合わせボタン

スタッフ紹介

院長石崎のプロフィール  河内長野鍼灸院和来

幼少期  河内長野鍼灸院和来

こんにちは。鍼灸院和来の院長の石崎 多未央(いしざき たみお)です。

昭和48年生まれのみずがめ座です。血液型はA型。動物占いではこじかです。(ちなみに妻はライオン)

今は立派なおじさんですが、こんなに可愛い時期もあったのです。この写真は4か月の時です。

幼稚園は高校野球で有名な徳島県の池田高校のとなりにある、池田幼稚園に通っていました。

小学校時代  河内長野鍼灸院和来

小学校入学時から4年の1学期まで、台湾の台中に父の仕事の都合で住んでいました。

日本人学校に入学した時に全校生徒で50人!1クラスではないですよ。最初はタクシーで通学していました。別にいいところのお坊ちゃんではないのですが・・・ 途中から学校が人数増加に伴い狭くなったので学校移転。通学もスクールバスに。

一応帰国子女なので、中国語(北京語)の発音センスはまだ残っていますが、単語を覚えていないので、ほとんどしゃべられません。

中学・高校時代  河内長野鍼灸院和来

中学時代はバスケットボール部に。スポーツクラブに入れ、と親に言われて楽なところに入ろう、 と思って入ってみたら結構きつかったです・・・

クラブをやめた途端に毎月1キロのペースで肥えていきました。写真は高1の時の写真(右下が私)なのですが、見事に顔がパンパンです。

中学校に入ってから、アトピーが出ました。顔以外、大変な事になっていました。毎月2回は病院に通っていたのです。しかし、なかなか良くなりませんでした。 高校に入ってから、かゆみが少し落ち着いてきました。しかし環境の変化で良くも悪くもなるものだ、というのを知ったのはずっと後の話です。

大学時代  河内長野鍼灸院和来

京都産業大学 経営学部に入学。大東市から通ったため、片道2時間を週4回。学費を半分出す約束だったので、アルバイトに明け暮れました。

海外旅行にも2回行きました。ヨーロッパ(ドイツ・フランス・イタリア・スイス)とアメリカ(とナイアガラの滝)へ。写真はドイツに行った時のもので、 この時はウエスト70センチくらいしかなかったはずです。 今は・・・

大学に入ってから、スギとヒノキ花粉が飛ぶ時期になると辛くなるようになりました。くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、のどが腫れる、など、 様々な違和感に苦しめられるようになりました。違和感が出る時だけ普段はしないメガネをかけ、マスクをする生活が、開院するまで続きました。

会社勤務時代  河内長野鍼灸院和来

三洋電機クレジット株式会社に入社。転勤が多く、大阪→名古屋→東京府中→山梨甲府→東京立川→大阪→静岡と異動しました。

転勤をくり返すうちに、大阪に住みたい、と心から思うようになりました。静岡勤務の時に特にその気持ちが大きくなりました。

もともと独立願望が高かったのです。2年くらい悩んで、ある日の朝、突然思い浮かんだのが「鍼灸師」という仕事でした。 

皮膚のかゆみや、スギ・ヒノキの花粉に苦しめられる状態がなかなか根本的に良くならなかったので、何とか打開したかった、ということも大きな要素としてありました。

専門学校時代  河内長野鍼灸院和来

学校に通っている時に、他の人より的確に身体のツボの位置が分かることに気づきました。カラダのどこが悪いのか、カラダをさわると分かるのです。 (今では触らなくてもどの内臓が疲れているかが分かります。)

そういう「天からの贈り物」があったので、勉強には身が入りました。 知識をつければ、将来競合に負けない、有望な鍼灸師になれる、という自負があり、 学生時代の3年間は学校の誰にも負けないくらいに猛勉強しました。 おかげさまで、卒業時に成績優秀で大阪府知事賞(写真)をもらうことができました。

卒業~現在  河内長野鍼灸院和来

卒業時期には、自分の院を立ち上げる意思を固めていました。 アトピーが私の身体からなくなるのに20年以上かかりました。ステロイドはコントロールすれば大丈夫、と言われます。しかし薬を服用・塗布している限り、胃腸・肝臓・副腎などの内臓への影響は避けられません。

薬をとり続けている限り、本当の意味での「健康体」には、なれません。痛みがなくなったら、症状が見えなくなったら、何も感じられなくなったら「健康」、と思っていらっしゃる方が多いのですが、実は身体が疲れている・傷ついていることを感じる能力がないだけ、ということが非常に多いのです。

実際に、日本の要介護期間は男性で平均9年、女性で平均12年です。75歳以上の平均医療費は平成25年度で年間93万円を超えました。健康保険料が高いと嘆いていらっしゃる方は多いですが、こんなにたくさんのお金を使わなければならない、みんなが健康でいられない医療制度が今の状態で長持ちするとは思えないのです。

薬を服用し続けると身体は冷え、感覚は鈍ってしまいます。年を重ねてから大病・大ケガ→「要介護」になってしまう、という日本の悪いパターンから一人でも多くの方が逃れ、健康に生活してほしい、と思って「鍼灸院和来」を立ち上げました。

当院の施術は、「いかに来院者さんの自然治癒力を高めるか」をベースに考えます。施術していて思うのは、「カラダ(無意識)は、絶えず健康・元気になろうとしている」 、ということです。

それなのに、アタマ(顕在意識)で色々考えてしまって、 カラダが元気になろうとしているのに邪魔をして、いつまでたってもよくならない、 という方が非常に多いのです。

私は、一人でも多くの方に、自分のやりたいことがこの世を去る一日前まで出来る「健康体」になっていただきたいのです。私の仕事は、あなたに 今まで出来なかったことが出来るようになってもらう事です。「先生、こんなことが出来るようになった」「先生のおかげで人生が好転した」と言われるのが無上の喜びです。

資格  河内長野鍼灸院和来

・平成医療学園専門学校 鍼灸師科 卒業
・卒業時に大阪府知事賞受賞
 (選考基準は明かされていませんが、340人の卒業生の中でもらったのは私一人です)
・鍼灸師(国家資格)
・基礎心理カウンセラー
・アロマテラピー1級
・そろばん準2級(関係ないかも・・・)



鍼灸院和来のご案内 河内長野鍼灸院和来

施術料金 河内長野鍼灸院和来

…についてはこちらをご覧ください。

○あらゆる保険は使えません。

○多くの来院者さんの身体の痛みや違和感は3~6回で相当変化していきます。

根本から体質を変えたい方はじっくり通院されることをおすすめします。

予約優先制 河内長野鍼灸院和来

当院は予約優先制です。
飛び込みで来院されましても、予約の方を優先いたしますので、お待ちいただくことになります。電話での当日予約も受け付けておりますので、前もってご連絡下さい。



予約の仕方 河内長野鍼灸院和来

お電話ありがとうございます!

0120-984-491
へ今すぐお電話下さい。 当方が電話に出ましたら、
○ ホームページを見た
○ 予約したい
・・・とおっしゃってください。

○ あなたのお困りの痛みや違和感
○ ご予約希望日時
○ ご連絡先電話番号
○ お名前
・・・をおうかがいします。よろしくお願いいたします。



交通アクセス  河内長野鍼灸院和来

南海高野線 千代田駅下車 徒歩3分

千代田駅から当院までのご案内です。
駅の改札を出てへ。西出口へ。スーパー西友さんの赤い看板の方へ。


河内長野鍼灸院和来 ページトップへ


ページトップに戻る


inserted by FC2 system